FC2ブログ

大豆に含まれる「大豆イソフラボン」というポリフェノールが、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることは、有名で、知っている人が多いと思います。

その働きをするもととなっているのが「エクオール」という物質です。

大豆の中のイソフラボンという成分が、腸内細菌によって「エクオール」に変わり、エストロゲンによく似た女性の健康パワーになります。

摂取した大豆イソフラボンは、腸内のエクオール産生菌によってエクオールに変換される訳ですが、エクオールをつくれる人(菌が活動している人)と、つくれない人(菌が活動していない人)がいるそうです。

いくら大豆製品を食べても、エクオールをつくれない人もいるのです。

2人に1人がつくれない人とのデータがあるようです。

検査キットの「ソイチェック」で、検査した結果が届きました。


残念な事に、エクオールをつくれない人で、それも、Level.1で「ほとんど活動していないようです」のコメントが…

ソイチェックでは、エクオール産生菌がいない人と、いるけど数が少ない、のどちらのタイプかまで見ることができない様で、後者の場合は、食生活や腸内環境の改善によってエクオールをつくれるようになる可能性があるとの事です。

つけれない人が大豆製品を食べても意味がないという訳でもなさそうで、大豆を継続的に食べ続ける事で、エクオール産生菌を増やすことができる可能性があるという事のようです。

また、大豆にはイソフラボン以外の健康成分も多く含まれているので、大豆を食べる事そのものはいい事です。

あきらめずに、大豆製品をこれからも積極的に食べたいと思います。

普段、サプリメントを殆ど摂らないのですが、エクオールのサプリメント「エクエル」飲む事にしました。

1日4粒が目安です。

分けて飲むと飲み忘れてしまうので、1回に4粒飲もうと思ったのですが、1粒の大きさが大きくで、4粒も飲めません…
始めたばかりですが、今のところ、1日2粒しか飲めてないです。

効果は?ですが、しばらく続けてみようと思います。



スポンサーサイト



認定証&バッジ

4D 映画・スターウォーズ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)