FC2ブログ

本日、Stretch-eze®(ストレッチーズ)のオフィシャルトレーニングコースを修了し、公にストレッチーズを使用したピラティスの指導が可能になりました。

ストレッチーズは、アメリカに本部をおくダイナミック・ムーブメント社のキンバリー・ダイによって開発されたエクササイズツールです。

幅15インチ(約38cm)の柔らかい、スパンデックスという伸縮性のある合成繊維の布でできています。

身長によって異なった長さのループ(輪)に縫い合わされています。


ストレッチーズの利点は、

①遠心性の筋肉を使う
関節を安定させながら、筋肉は収縮と同時に伸張し、長くて強い筋肉を作り出し、協調的な動きや全体の機能的な体の強さや関節の安定性を相乗的に向上させます。


②ダイナミックな動きと安定性
4方向へ布を伸ばす事で、それぞれの反対方向の張力の圧迫と広がりの体感を高め、コアから始動し、安定性のある、ダイナミックで3次元的な身体全体の経験をもたらします。


③より良いフォームと姿勢を身につける
布が身体の外側に、やさしく圧をかける事で、神経筋のフィードバックをもたらし、アライメント不良を修正するために必要な筋肉の収縮や解放が可能になります。


④感覚のフィードバックのための深い圧とサポート
ピラティスのコアの強化のための難しいエクササイズを行う際のサポートを与え、身体全体に深い圧がかかる事で、脳からの刺激が、より高い集中力とモチベーション、効果的な筋肉の使用に結びつきます。





スポンサーサイト



骨盤調整エクササイズ

ココットカマン

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)