FC2ブログ

日経ヘルス主催の美女式セミナーで、皮膚科医・銀座ケイスキンクリニック院長 慶田朋子先生が、化粧道具の重要性について話されていました。

ファンデーションのパフは清潔に保つ事、チークやフェイスブラシは、上質な物を使い、お金をかけるべきところと そうでもないところを区別し、化粧道具には、かけた方がよいとの話でした。

これまで、パフはこまめに洗浄したり、頻繁に買い替えたり(綺麗な方が化粧ノリがいい感じがするので)してきましたが、アイシャドウブラシやチークブラシは、あまり気にした事がなく、化粧品に付いてる物を使っていました。

最近は、フェイスブラシを使う様になりましたが、ブラシの質については、あまり考えた事がなかったです。

そこで、熊野化粧筆のセットを購入しました。


柔らかくて、使っていて 気持ちが良いです。
大切に使っていこうと思います。

スポンサーサイト



海老川・船橋市 桜

コストコのメープルチーズケーキ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)