FC2ブログ

いつもの様に1年間があっという間に過ぎた感じですが、振り返ってみると色々ありました。

床が溶岩以外のホットスタジオ(NAS稲毛海岸店・今年で担当終了になりましたが)やコラーゲントリートメントランプ設置のホットスタジオ(PURUMO篠崎店)で初めてレギュラーレッスンをさせていただいたり。

本格的にロースイーツを学んだ年でもありました。

来年は、今年学んだロースイーツを深めていきたいと思います。

今年最後に作ったロースイーツのイチゴとブルーベリーのタルト。


たくさんの方々にお世話になり、感謝いたします。
ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



仕事が休みに入りました。

普段は寝るのが早いのですが、終了時間が22時25分の映画を劇場で鑑賞して、初日の休みを楽しみました。

「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」を4Dで。

11月に公開になり、ずっと行きたかったけれどなかなか行けず…

近くの映画館では、4Dは夜遅い時間1回のみの上映だけ。

近隣の映画館も調べてみましたが、4Dでの上映は終了していて2Dならやっている状況でした。

仕方なく最終の回で観ることになってしまいました。


昔の映画は、最後に「完」とか「Fin」と出たり、その文字がなくても、感覚的に「終わり」と感じたものですが、今回のファンタスティックビーストの最後は、
「つづく」といった感じ…

何とも言えない終わり方でしたが、「パイレーツ・オブ・カリビアン」でもそんな感じで終わった事もあったし、最近の映画では珍しくない事なのかもしれません。

まだ続編が公開されるというような具体的な話は聞いたことがないですが、絶対に公開されること間違いなし。

観ないわけにはいかなくなりました。



今月末でNAS稲毛海岸店のHOTスタジオで担当していましたレッスンを終了させていただく事になりました。

今年の夏は猛暑だったり、風が強い日など、自転車での通勤は大変な時もありましたが、美浜大橋からの景色が大好きで自転車通勤も苦になる事はありませんでした。




祝日レッスンなどで、また稲毛海岸店のお客様にお会いできることを楽しみにしています。

短い間でしたが、ありがとうございました。



今年はクリスマスケーキを予約しなかったけど、やっぱりケーキが食べたい…

急遽、コストコへ。

「ベリーグランドクリスマスケーキ」という名前のコストコオリジナルのクリスマスケーキに惹かれましたが、あまりにも大き過ぎて断念…

「タキシードケーキ」を購入しました。

前にも食べたことがあります。見たままガツンと甘いチョコレートケーキです。







夜の代行を引き受け、1日HOTスタジオ4レッスンの日でした。

これまで3レッスンはありましたが、4レッスンは初めて…

毎週はキツくて無理ですが、想像していた程に疲労感はなく、結構平気かも。



夜の新鎌ヶ谷駅前はイルミネーションがキレイでした。

クリスマス時期になるとよく見かけるドイツの菓子パンのシュトーレン。

コストコにも売っていました。

さすがコストコ!サイズが大きくて1kgあります。

ずっしり重くて食べ応えがありそうです。


本場ドイツではクリスマスまでの間、一切れずつ食べて日々の味の変化を楽しみながらクリスマス当日を待つのが伝統となっているらしいです。

シュトーレンは、約1週間ほど寝かせて熟成することで味がなじんで美味しくなるというので、少しずつ食べてみようと思います。

そんな事とは知らず、これまで買ってすぐになくなってしまうほど、いっきにガッツリ食べていました…

普段、手帳を持ち歩かないですが、たまに持って行くこともあるので手帳は小さい方が使いやすいです。

今日買った手帳は、2017年・2018年に続いて3冊目。



特徴は家計簿として使えるところです。

買った本屋さんでも、手帳のコーナーではなくて家計簿のコーナーに置いてありました。

項目は食費以外あと4項目あり、空欄になっていて自分で設定できる様になっています。


項目が細か過ぎると記入が面倒に感じてしまうし、既存の分類に当てはめるのは苦手で、大雑把な管理にはピッタリで使い勝手が良くて、今年も同じ物を選びました。

手帳ではなくて家計簿なのかも知れませんが、手帳としてもキチンと機能してくれます。

バンドのクイーンは詳しくはないですが知っていたし、歌も有名なので知っているのものはありますが、ドンピシャの世代ではないので、聞いた事はあるけどほとんど知らないという事になるのだと思います。

それでも、映画「ボヘミアン・ラプソディ」は楽しむ事ができました。

TOHOシネマズのドルビーアトモスの劇場で鑑賞。

通常料金より100円プラスとなりますが、大画面と迫力の音響で、この作品を観るにはピッタリでした。

最後のライブのシーンは、宣伝文句通りに感動的でした。

今回は12月の開催に変わり、増田明美杯(いすみ健康マラソン)と同じ日となりました。

迷いましたが、地元の大会のマリンマラソンに。


ゼッケンを付けたウェアを着て(上着は着てますのでゼッケン丸出しではないです)自転車で会場まで行き、着替えもせずにそのまま帰ってきます。

事前受付で記録証はインターネットから各自ダウンロード。

開会式や表彰式などありますが、開始時間にスタート地点に集合し、走った後はすぐそのまま帰る事もでき、アッサリした感じです。

ギリギリに到着してトイレに行ってたら、もうスタート時間になってしまいました。

スタート整列はナンバーカード順のブロック整列ですが、最後尾グループのスタートに…

第1関門時刻ギリギリで通過…

速く走るには速く走るための練習が必要ですが、タイムを上げる事にはあまり興味がなく、普段もトロトロ走っています。

速く走れたらいいなぁと思いますが、興味がないというより、練習がつらいのでやらないというのが本音です。

フルマラソンは5回完走した事もあり、長い距離を走るのは無理とか、走っていて脚が痛くなってもうダメという感じではないですが、遅すぎて関門時刻とのせめぎ合いといった感じ。

それなので、マラソン大会では程よい緊張感を持って走ることができ、自分なりの楽しみ方で参加しています。


参加賞。